2020年スマホを活用したビジネス

2020年スマホを活用したビジネスについて紹介していきます。スマホを活用したビジネスとしてこれから流行っていく可能性のあるものの一つ目がシェアビジネスです。 もともとは不動産などの資産を持った人がシェアして利益を得るというものでした。それが、車やバッグや時計などのブランド品、ペットなどをシェアできるものが出てきています。自分で持っていても、遊んでいる資産を運用していくことができるため、小遣い稼ぎに最適です。 収入としては、1件あたり100円~10万円程度となっています。シェアするものによって変わってきます。具体的なビジネスとしては、カーシェアリング、民泊、私物貸出、駐車場シェアリングなどになります。 次のスマホを活用したビジネスとしては、クラウドソーシングになります。イラストレーターや、ライターなどの手に職を持っている人がクラウドソーシングを使ってビジネスをすることができるものです。2020年もさらに、このクラウドソーシングが増えていくことが予想されます。口コミでも、個人で副業として稼ぐことができると話題になっています。 次に2020年スマホを活用したビジネスとして挙げられるのが、スマホアプリを利用したビジネスです。手作りのカバンやアクセサリをハンドメイドアプリで販売することができます。自分で作るのが趣味の人は、スマホで簡単に稼ぐことができるでしょう。 その他にも、写真や文章を作ってコンテンツ販売アプリで販売することができます。写真や文章は、元手がかからずに、利益をえることができるためおすすめです。他には、物の転売をするには、転売アプリを使えば利益を得ることができます。安く仕入れ、それより高く販売することで利益を得ることができるのです。 次のスマホを使ったビジネスは、代行業です。代行業は、家事代行、遺品整理代行、運転代行、買い物代行、ベビーシッター、訪問介護員、墓参り代行、クレーム処理代行などがあります。スマホのアプリを使って、代行をする人として登録し、代行して欲しい人とのマッチングをしてもらうことができます。注意としては、時給単価が低めということです。始めたころは、平均時給1200円くらいで、慣れて高くなっても2000円~3000円程度なので、それほど高くはならないことが注意が必要です。 以上で、2020年スマホを使ったビジネスについて見てきました。スマホは、どこでもアクセスすることができるので、ちょっとした空き時間を利用してビジネスを行うことが出来るようになるでしょう。